秋冬に取り入れる色について

秋冬のレディースファッションは春夏に比べて、少し落ち着いた印象になると思われます。春夏は明る目の色の服が多かったはずです。また、半袖など開放的な気分になる形の服を選んでいたと思われます。一方、秋冬は着る服が長袖やニット素材の物になってきます。服の色も少し暗めの物を合せることが多いです。これによって、春夏に比べて少し落ち着いた印象を他人に与えることが出来ます。特にTPOをわきまえた場所に出かける時などは服の形や色を選んだ方が良さそうです。それによって多くの人に良い印象を与えられるはずです。しかし、そればかりだと印象が暗くなってしまうという危険も出てきます。なので、明るい色を少し取り入れることも必要になってきます。

ワンポイントを添えること

秋冬のファッションは落ち着いた印象に見せたいので、暗めの色の物を取り入れることになります。しかし、そればかりだと印象自体が暗い物のなってしまうかもしれないです。そういう場合は、少し明るい色も取り入れることが良い様です。例えば、服は暗めの物を選んだのなら、小物に明るめの色のものを選ぶということが良いと言えます。これは直接服に付けるブローチの様な物でも良いし、または服とは別に靴や帽子などの小物でも良いです。これによって、ただ暗いだけの印象でなく落ち着いて上品な印象を作ることが出来るのです。ワンポイントという言葉もあります。そのポイントによってそれだけでなく全体の印象が良くなるということがある様です。