アウターと中に着る服の厚みのバランスを考える

着ぶくれの大きな原因の1つは秋冬ファッション特有の生地の厚みです。気温が下がり寒さが厳しくなる秋冬のアイテムはどうしても厚手のものが多くなります。例えばケーブルニットのトップスにダウンジャケットを羽織る、このようなコーデはどちらのアイテムも生地にボリュームがあるので、非常に着ぶくれしやすいと言えます。厚手のトップスを着るならアウターは薄手のコートやブルゾンなど、アウターにボリュームを持たせたいなら中のトップスは薄手のニットやカットソーなどを選ぶと良いでしょう。また、ボトムスの選び方もポイントです。スキニーなどすっきりしたシルエットのアイテムをボトムスに持ってくると、コーデ全体のバランスとして着ぶくれが目立ちにくくなります。

色や柄の選び方ですっきり見せる

着ぶくれして見えやすい色を避けるのも着ぶくれ防止に有効な方法です。具体的には赤系や黄色系などの暖色や白のことです。このような色は「膨張色」と呼ばれるもので、その色のついたものは膨らんでいるように見えます。つまり、膨張色の服やアウターを着ると、実際よりも着ぶくれしているように見えやすいということです。これを防ぐには、膨張色とは反対の「収縮色」を身につける方法があります。収縮色はものが実際より細く見える色のことで、具体的には青系や紫系などの寒色、黒などです。 また、柄によっても膨張・収縮の見え方が変わります。例えば、横縞であるボーダーは膨張して見えやすいので着ぶくれを防ぐなら控えた方が無難。対して、ストライプは縦のラインを強調し、細く見せてくれる柄です。着ぶくれしやすいアイテムでも、収縮して見える色や柄を意識して取り入れれば、すっきりコーデを実現できます。